本文へスキップ
空手道 極真手塚道場   稲毛道場・おゆみ野道場

活動報告REPORT

   1998年〜2012年

【令和3年優秀出席者】

 安達 駿斗 (小6)  初段 167回
 後藤 颯太  2級 163回
 中嶋 高大  初段 135回
 伊藤 沙恵 (中1)  初段 117回
 石井 隆成 (中1)  2級  85回

 ※稽古回数:全170回
      (稲毛道場90回/おゆみ野道場80回)


【稽古納め】 
  令和3年12月26日<高洲コミュニティセンター>

今年もコロナの影響で合宿や親睦会など楽しみにしていた行事が残念ながら中止となってしまいましたが、型の大会への参加や昇級審査、内部試合を実施することができ、更に今年の稽古参加者数は初めて延べ2千人を超えるなど、多くの人たちに元気に参加して貰えて、稽古を行う環境を整えられたという意味では良かったです。ただし中には怪我や病気で大変な思いをされた方もいますので、今はただ早く快復できるよう願うばかりです。
まだ施設内での発声が制限されているため、恒例の「千本突き」の代わりに、前日は体育館での「千秒走リレー」と、稽古納めの最後は気合を入れて「百本突き」で今年の稽古を締め括りました。お正月はゆっくり過ごし、新年もまた一緒に頑張りましょう!


【昇段昇級審査】 
  令和3年12月5日<真砂コミュニティセンター>
   
今年2回目の昇級審査は受審者10人の他、稽古参加者を合わせると前回以上に多くの人たちが集まり、美座さんの10人組手のために一般部全員が集合してくれました。マスク着用の息苦しさや年齢を考えると本当に立派にやり切ったと思います。また新松戸道場からは大河原先生、高橋指導員、中島指導員をお招きし、審査のお手伝いや審査後には道場生に声を掛け指導して頂くなど、自分自身も含めとても良い稽古ができました。審査が始まるまでは、受ける子たちは緊張した面持ちでちゃんとできるか心配もありましたが皆元気よく頑張り、中でも特に上の帯の茶帯・緑帯の2人からは型や組手に真剣さが伝わってきてたいへん良かったです。

〜審査結果は暫しお待ちください〜

一般部  美座 一成  1級  初段
 宮田 裕史 10級  8級
 今関 俊光  9級  8級
少年部  山ア 湊士 (小6)  3級  2級
 今関 祐史郎(小5)  8級  6級
 宮田 奈波 (中1)  9級  8級
 宮田 創介 (小5) 10級  8級
 今関 理葉 (小1)  無級 10級
 副島 凛  (小4)  無級 10級
 副島 優里 (小2)  無級 10級




【昇段昇級審査】 
  令和3年11月7日<真砂コミュニティセンター>
   
コロナの影響もあり延び延びになってしまった昇級審査を約1年ぶりに実施し、受審希望者のうち約半数の11人が今回審査を受けました。いまだ組手稽古が再開できないため、代わりにミットやシャドーでの組手審査を行い、その他、基本から型まで気合の入った充実した審査ができました。
特に初段審査を受けた少年部の子は、立ち居振る舞いが堂々としっかりしていて頼もしく思えましたし、稽古中に覇気がないと再三注意されていた緑帯の子たちも流石と思わせるような動きをしてくれ、いつも元気いっぱいの下の帯の子たちも普段以上の力を発揮することができました。
今回準備不足等で審査を受けることができなかった人たちは、来月5日に挑戦することになりますので、その日に向け稽古を頑張りましょう!

〜昇級おめでとうございます。また次の目標に向け頑張りましょう!〜

一般部  宮ア 寛夫  6級  4級
少年部  安達 駿斗 (小6)  1級  初段
 石井 隆成 (中1)  3級  2級
 荒木 隆之介(中3)  4級  3級
 荒木 詩乃 (中1)  4級  3級
 宮ア 結咲 (小4)  8級  6級
 宮ア 志々夫(小2)  8級  6級
 大橋 葵人 (小1) 10級  8級
 星野 仁我 (小3) 10級  8級
 岡田 莉亜渚(小4)  無級  9級
 星野 瑠梨華(小1)  無級 10級




【第8回内部試合】 
  令和3年11月7日<真砂コミュニティセンター>
   
昇級審査に引き続き、少年部16人による型の内部試合を行い、今回は課題型としての太極Tと、自分で選んだ選択型との2種類の型の総合得点で競い合いました。
感想としては、予想を超えて全員がよく頑張ったことに驚き、緊張した場面でも気持ちを集中して自分の力を出し切った演武に感動しました。一人で最後までできるか不安だった子も、一生懸命気合を入れて頑張った子も、難しい型に挑戦し見事にやり遂げた子もみんな素晴らしかったです。
今回できたことに自信を持って、これからの稽古に繋げてほしいと思います。

優 勝  伊藤 沙恵 (中1)  26.25(87.5%)
準優勝  安達 駿斗 (小6)  26.00(86.7%)
第3位  石井 隆成 (中1)  22.90(76.3%)
第4位  荒木 詩乃 (中1)  22.85(76.2%)
第5位  宮ア 結咲 (小4)  22.60(75.3%)
第6位  岡田 莉亜渚(小4)  21.60(72.0%)
第7位  宮ア 志々夫(小2)  21.40(71.3%)
第8位  荒木 隆之介(中3)  21.05(70.2%)


●中級クラス(青帯・オレンジ帯)

1位  宮ア 結咲 (小4)  22.60(75.3%)
2位  宮ア 志々夫(小2)  21.40(71.3%)
3位  星野 仁我 (小3)  20.90(69.7%)


●初級クラス(白帯)

1位  岡田 莉亜渚(小4)  21.60(72.0%)
2位  星野 瑠梨華(小1)  17.85(59.5%)
3位  副島 優里 (小2)  17.15(57.2%)








【2021極真手塚世界空手道選手権大会】 
  令和3年5月1日〜5月20日<動画審査>
   
コロナ禍における新たな試みとして、動画撮影による型の大会が開催されました。
参加者数は全体で約270人、稲毛・おゆみ野道場としては一般部と少年部を合わせ11人が参加し、3月〜4月の間、集中して稽古に励んできました。
全員が型の大会が初めての経験で、カメラの撮影も緊張したと思いますが、先生としては稽古するにつれどんどん成長していく姿を見ることができて楽しかったです。
そこで一点お願いがあります。特に今回参加した人は必ず映像を観てください。自分自身の型を客観的に見ることで気付くことがあるし、他の人たちの型から学ぶことも多いと思います。
まずは大会目指して真剣に稽古に取り組むことができました。よく頑張りました。真剣にやったからこそ出来た部分もあります。そして、今度は不足しているところを補えるよう、これから稽古していきましょう。お疲れ様でした!

 永野 修 2級 一般男女混合 中級   準優勝
 村上 想詞 7級 一般男女混合 初級   優勝
 石井 隆成 3級 中学生男子 中級    第8位
 宮田 奈波 9級 中学生男女混合 初級  優勝
 今関 祐史郎 8級 小学5年男子 初級   準優勝
 宮田 創介 10 小学5年男子 初級   第7位
 宮ア 結咲 8級 小学4年女子 初級   準優勝
 宮ア 志々夫 8級 小学2年男女混合A 初級 第4位



【第6回・第7回内部試合】 
  令和3年1月30日<おゆみ野公民館>
   
稽古の冒頭で突然名前を呼ばれて前に並ばせられると、これは果たして良いことなのか、それとも悪いことで呼ばれたのかドキドキし不安そうな表情でしたが、今日は良いことでした!
昨年、色帯の少年部に型のチェックリストを配付し、合格するとシールがもらえるポイントラリーで100ポイント以上獲得できた4人と、12月に行った持久走(10分間走)&稽古納めの1000秒走で特に頑張った2人に対し優秀賞として表彰しました。
その後の稽古では、今度は令和3年版の課題をクリアしようと早速やる気を見せてくれたので、その調子で頑張ってほしいものです。

●第6回内部試合(型の部)

最優秀賞  安達 駿斗 (小5) 180P
優秀賞  石井 隆成 (小6) 150P
優秀賞  伊藤 沙恵 (小6) 140P 
優秀賞  石井 花怜 (中2) 130P


●第7回内部試合(1000秒走の部)

最優秀賞  後藤 颯太 (高3)
優秀賞  荒木 隆之介(中2)



【令和2年優秀出席者】

 安達 駿斗 (小5)  1級 143回
 中嶋 高大  初段 138回
 後藤 颯太 (高3)  2級 117回
 石井 隆成 (小6)  3級 108回
 石井 花怜 (中2)  2級  87回

 ※稽古回数:全145回(少年部は143回)
      (稲毛道場75回/おゆみ野道場70回)


【稽古納め】 
  令和2年12月26日<扇田小学校>

新型コロナに振り回され続けた一年となってしまいましたが、それでも誰一人欠けることなく元気に稽古に参加することができただけまだ良かったのかもしれません。稽古納め恒例の「千本突き」も気合を入れることができないため、代わりに全員で「千秒走」を行い、小っちゃい子も最後まで頑張ってよく走りました。
来年こそは一年を通じて全力で走り切れるような、そんな年であってほしいですね。


【昇段昇級審査】 
  令和2年11月22日<真砂コミュニティセンター>
   
9月に続き今年2回目の審査を実施し、新松戸道場の指導員の皆さん方にもお手伝い頂きながら、審査を受ける人のほか多くの人が稽古に参加しました。前回の審査では、コロナの影響から組手稽古ができず型稽古中心となったことにより、組手審査として行ったシャドーの動きで課題が残りました。それ以降シャドーにも力を入れて稽古してきたので、今回その成果が少しは出せたのではないかと思います。次は腕立て伏せなどの基礎体力や柔軟性の向上でしょうかね?
黒帯の審査を受けた一般部と少年部の2人については、真剣に稽古を続けてきたことを評価し、条件付きでの初段を認めます。今後それぞれ苦手なことを克服し、後輩に手本を示し指導できるようになってもらいたいと願います。
次回の審査は3月頃の予定です。受審資格者は指名制としますので、これからお正月を挟んで3か月間しっかり稽古していきましょう!

〜昇級おめでとうございます。また次の目標に向け頑張りましょう!〜

一般部  中嶋 高大  1級  初段
 永野 修  2級  1級
 後藤 颯太 (高3)  3級  2級
 今関 俊光  無級  9級
 山岸 博司  無級  9級
 宮田 裕史  無級 10級
少年部  伊藤 沙恵 (小6)  1級  初段
 安藤 理桜 (中3)  4級  3級
 荒木 隆之介(中2)  6級  4級
 荒木 詩乃 (小6)  6級  4級
 大越 芽依 (小6)  8級  6級
 宮田 創介 (小4)  無級 10級
 星野 仁我 (小2)  無級 10級


【昇段昇級審査】 
  令和2年9月22日<真砂コミュニティセンター>
   
昨年11月以来の昇段昇級審査を実施しました。ほとんどの人が前回受けたのが1年以上前ということで、待望のといったところでしょうか。新松戸道場と行徳道場で稽古をしている中島指導員も言っていたように、コロナの影響で組手稽古ができない分、型稽古に集中することができた効果により、型はよくできていたし、基本も気合は入れられなくとも力強さが感じられました。半面、組手審査の代わりに行ったシャドーについては、もう少し正確でキレのある技や受け返しなど、今後稽古するうえでの課題だと思います。残念ながら今回の審査に間に合わず受けられなかった人も、次回11月に審査を行いますので、そこを目標に稽古に励んでいきましょう!

〜昇級おめでとうございます。また次の目標に向け頑張りましょう!〜

一般部  美座 一成  2級  1級
 村上 想詞  無級  7級
少年部  安達 駿斗 (小5)  2級  1級
 石井 花怜 (中2)  3級  2級
 石井 隆成 (小6)  4級  3級
 山ア 湊士 (小5)  4級  3級
 宮ア 結咲 (小3) 10級  8級
 宮ア 志々夫(小1) 10級  8級
 今関 祐史郎(小4) 10級  8級
 宮田 奈波 (小6)  無級  9級
 大橋 葵人 (年長)  無級 10級



【クールビズ】
  令和2年8月22日

今年も真夏の稽古真っ只中。体育館での稽古は恒例のクールビズ(Tシャツ、短パンOK)期間中ではありますが・・・やはり暑いです。休憩時間は自然と大型扇風機の前に集合します。いつもテーマを持って稽古に臨み、この暑い夏を乗り切ることができれば、きっと秋の審査合格に大きく近づけるのではないかと思います。




【再開&再会】

  
令和2年6月4日から順次

新型コロナウイルス感染症対策により稽古も長らくお休みしていましたが、約3か月振りに始動できるようになりました。この間、大会が中止になったり、楽しみにしていた夏合宿も延期せざるを得なくなったり、運動不足による体重増加や、体が硬くなるなど、残念なことも多かったと思います。
まだまだ当分の間は、気合を発することや直接コンタクトするような稽古はできないなど制約はありますが、長い充電期間を経てやっと再開できることになったので、集まって空手ができる充実感を感じながらこれから頑張っていきましょう!


【2020白蓮会館東日本新人戦】

  
令和2年2月16日<台東リバーサイドスポーツセンター>

初級・中級クラスの新人戦ということで、実力の拮抗した接戦の良い試合が数多く見られました。
稲毛・おゆみ野道場からは一般とマスターズのクラスに2人が出場し、敗れはしましたが果敢に挑み、次への期待と可能性を感じさせてくれるような大きな収穫が得られた内容でした。これをステップにまた頑張りましょう!

応援の皆さんも一日お疲れ様でした。
さー今度は少年部+1の番ですよー。

 *出場選手
   永野修 宮ア寛夫


このページの先頭へ

【平成31年〜令和元年優秀出席者】

 安達 駿斗 (小4)  2級 182回
 中嶋 高大  1級 169回
 伊藤 沙恵 (小5)  1級 110回
 石井 隆成 (小5)  4級 110回
 荒木 詩乃 (小5)  6級  93回

 ※稽古回数:全183回
      (稲毛道場95回/おゆみ野道場88回


【稽古納め&忘年会】 
  令和元年12月28日<扇田小学校/鎌取>

平成最後の、そして令和最初の節目の一年の稽古納め。残念ながら仕事などで参加できなかった人もいましたが、最後は全員で「千本突き」を行い、初めて参加した子たちも号令に戸惑いながらも最後まで元気に突きを出し続けることができました。
今年はどんな年でしたか? 台風や集中豪雨の被害を受け、大変な思いをされた方もいらっしゃったと思います。来年はそういう事が起きないよう願うとともに、日頃の備えも大事ですね。
空手に関しては、みんな合宿は楽しかったみたいです。また、外部の大会や内部試合、昇級審査に挑戦するなどよく頑張りました。忘年会の席での話題では、夏合宿に参加したいと言って頂いた保護者の方が約2名、稽古に勧誘中の保護者の方が約2名いらっしゃいました。道場生や保護者の皆さまのご協力のおかげで充実した一年を過ごすことができましたことを感謝申し上げます。来年も楽しく稽古ができると良いですね。
それでは、良い年をお迎えください。また新年にお会いしましょう!


【昇段昇級審査&第5回内部試合】 
  令和元年11月24日<真砂コミュニティセンター>
   
昇段昇級審査と内部試合の開催に先立ち、16日にご逝去された新倉康弘参段に哀悼の意を表し黙祷を捧げました。新倉先生とは27年前に行徳道場で出会い、以来一緒に稽古をしてきたときの楽しさや、自分が試合に出るときにはいつもサポートして頂き、稲毛道場を起ち上げる際には駆けつけて助けて頂いたことが思い出され、まさに自分とって恩人でした。改めてご冥福をお祈りいたします。
今回は、川尻先生や大河原先生をはじめ新松戸道場の皆様のご協力により審査と試合を行うことができました。夏の審査で審議中となっていた茶帯2人は、それぞれの課題であった型と組手の再審査を行い、その結果、初段と1級への昇級が認められました。組手に関してはまだまだ課題が残りましたが、黒帯の先輩方から受けたアドバイスを肝に銘じ、更に精進してもらいたいと思います。
型の試合の方は少年部10人が参加しトーナメント方式で競い合い、私も一観客のようにわくわくしながら観させてもらいました。みんな春の試合のときよりも確実に伸びているし、それぞれ頑張った姿が十分に伝わったのではないかと思います。お疲れ様でした。今年も残りあと1か月! 最後まで気を抜かず頑張りましょう!

〜昇級おめでとうございます。また次の目標に向け頑張りましょう!〜

一般部  丸山 毅  2級  初段
 中嶋 高大  2級  1級
少年部  宮ア 志々夫(年長)  無級 10級

優 勝  石井 花怜 (中1)
準優勝  安達 駿斗 (小4)
第3位  石井 隆成 (小5)
第3位  荒木 詩乃 (小5)

 *内部試合参加者
   安達駿斗 石井花怜 石井隆成 山ア湊士 荒木隆之介 荒木詩乃 大越芽依 宮ア結咲
   宮ア志々夫 宮田奈波



【第6回魁交流試合】
  
令和元年11月3日<墨田区総合体育館>

初めて魁交流試合に参加させていただき、稲毛・おゆみ野道場からは小中学生5人が出場しました。
結果に運不運はつきものですが、勝てなかったということは、自分の思い描いていたようにはできなかったのかもしれません。それでも今持っている力は出し切ってベストは尽くしたのかどうか? 勝つためには何が足りなかったのか?ではどうすれば良いのか? そういう事を自分で考えるきっかけになってくれればと思います。
保護者・応援の皆さんも一日お疲れ様でした。

 石井 隆成 4級 小学5年中級の部  第3位

 *出場選手
   石井花怜 石井隆成 荒木詩乃 安達駿斗 山ア湊士


【令和元年度関東空手道選手権大会】
  
令和元年9月16日<松伏町B&G海洋センター>

極真手塚グループ埼玉県本部主催の大会に、稲毛・おゆみ野道場からは小学生1人がエントリーしました。
今回は、実績・実力ともに相手が格上で、何もできず完敗でしたが、学年はいっしょなので、いつか追いつけるように、負けた悔しさを忘れず、相手の組手も参考にしながら、これまで以上に頑張ってもらいたいと思います。

 *出場選手
   安達駿斗


【第1回トリム会】
  令和元年8月25日<船橋>



船橋の某居酒屋にて、空手道武現塾の石塚先生と空手道MACの栗原先生との3人でトリム会を開催しました。
「トリム」というのは以前稲毛にあったトレーニングジムで、今から20年以上前に当時ジムのインストラクタ―だった栗原先生と、ジムの会員だった石塚先生と私が出会った場所です。その後、手塚道場の交流試合に参加して頂くなど大変お世話になっており、今回石塚先生のお声掛けにより会合が実現しました。20年経っても変わらず頑張っている人がいるのはとても刺激を受けるし、色々と情報交換をするなど有意義なひと時を過ごすことができました。
そう言えば、当時は高重量のバーベルを上げたり担いだりすることに拘りトレーニングに熱中していたことを思い出し懐かしくなりました。


【夏季合宿】
  令和元年8月10日〜11日<民宿早船>



今年の夏合宿は九十九里に行って参りました。何週間も前から指折り数えて待ち望んだ合宿もあっという間の1泊2日でした。合宿が楽しく充実した時間になるのか、それともケガをしたり昇級審査で上手くできなかったり、つまらなくがっかりしたものになってしまうのかは、自分自身の意識と行動次第だと言いました。
今回の合宿では、少年部の茶帯と緑帯には、班長になって他の少年部に型を指導する役割を与え、移動稽古の審査はいつもより多くのメニューをこなし、組手審査では一般部と同様に連続組手に挑戦するなど負担が大きかったと思いますが、みんなよく頑張りました。全体としても、2日間を通じて、普段の稽古の5割増しぐらい気合の入った良い稽古となりました。やればできるじゃん! ミーティングでは、みんなに締めている帯の責任を伝え、頑張ったことを褒めました。ただし、今日だけではなくこれからもいつもそうであってほしいと思います。
一方、一般部の茶帯2人の受審者については、それぞれ10人組手又は型において課題が残りましたので、次回の稽古以降、自分の弱点が克服できるよう一層精進してもらいたいと期待しています。
そして、もちろん今年もハプニングは起きました。寝不足と食欲不振から具合が悪くなった子が約1名。食事については、好き嫌いが多いのか、夏バテなのか、食べない?食べられない?子が多く見受けられました。また、部屋の鍵を室内に残したままドアを閉めてしまい、中に入れなくなってしまった事件もありました。室内には日帰りの子の荷物もあり取り出せず困りましたが、幸い、外出中の宿主がすぐに戻って来て開けてくれたので大事に至らずに済みました。
その他、男子風呂には何故かボディソープがなく、エアコンの使用は1時間100円で最大4時間の制限があり、花火に着火するためのロウソク立てをみんなで探し回り、誤って花火の導火線を引きちぎり不発になってしまう等々、いろいろありましたが、まあ、最後はみんな笑顔で帰ることができたので良かったと思います。お見送りやお迎えをして頂いた保護者の方や、飲み物やアイスなど差し入れをして頂いた皆様に感謝申し上げます。ありがとうございました。




【昇段昇級審査】 
  令和元年8月10日〜11日<早船体育館>

〜昇級おめでとうございます。また次の目標に向け頑張りましょう!〜
 (審議中の人は課題をクリアした時点で昇級を認めます。)

一般部  丸山 毅  2級  審議
 中嶋 高大  2級  審議
 後藤 颯太 (高2)  4級  3級
 宮ア 寛夫  8級  6級
少年部  伊藤 沙恵 (小5)  2級  1級
 マートリアン ルーク武蔵(中1)  3級  2級
 安達 駿斗 (小4)  3級  2級
 石井 花怜 (中1)  4級  3級
 石井 隆成 (小5)  5級  4級
 山ア 湊士 (小4)  6級  4級
 鈴木 大翔 (小6)  8級  6級
 荒木 隆之介(中1)  8級  6級
 荒木 詩乃 (小5)  8級  6級
 大越 芽依 (小5)  9級  8級
 宮ア 結咲 (小2)  無級 10級
 今関 祐史郎(小3)  無級 10級


【第20回記念関東実戦空手道選手権大会】
  (主催:拳成会)

  
令和元年6月16日<川崎市とどろきアリーナ>

体調不良でやむなく欠場した人、普段の力が発揮できなかった人、56歳を超え更にスタミナをつけ進化する人、大会ドクターにテーピングをしてもらいデビュー戦を迎えた人、今回も色々なことがありました。
シニアと一般では入賞まであと一歩のベスト4と、全般的には小満足というところですが、とは言え、試合間のインターバルが極端に短く過酷な条件の中、体力を使い切るまでよく健闘しました。
これで今年参加する春夏の大会は終わりましたが、次はしっかり地力をつけ、秋の大会を目指し頑張りましょう!


 *出場選手
   荒川昌一 安達駿斗 丸山浩介



【2019全関東空手道選手権大会】(主催:白蓮会館)
  
令和元年5月4日<墨田区総合体育館>

昨年に引き続き大会に参加させて頂き、少年部1人が出場。体格が大きい者同士の重量級対決となりましたが、結果は惜しくも…。でも1本負けした8か月前の昨年の大会から着実に力はついてきており、所々で良い技も見られたので、いつかブレークスルーしてくれるものと信じています。とりあえず6月に向け頑張ろう!

 *出場選手
   安達駿斗



【第13回湘南カップ空手道選手権大会】
  (主催:聖空会)

  
平成31年3月30日<逗子アリーナ>

初めて、国際空手道連盟 聖空会さんが主催する湘南カップに参加させて頂きました。随所に花元会長の心遣いが感じられる温かい大会でした。フルコンタクト空手だけではなく、ノンコンタクトや防具付きや古武道など、日頃目にしない様々な形式の試合を観られたことがとても有意義で、特に団体形部門の一糸乱れぬ演武は素晴らしく思わず引き込まれました。
稲毛・おゆみ野道場から出場した2人の少年部も果敢に挑み健闘しましたが、あと一歩。どちらに転んでもおかしくない内容でしたが、最後までしっかり技が出し切れるように、これから更にステップアップしてくれるものと思います。


 *出場選手
   安達駿斗 山ア湊士



【第4回内部試合】 
  平成31年2月20日〜3月3日<おゆみ野公民館外>
   
今回の内部試合には12人の少年部が参加し、初めての試みでしたが、5回にわたり試合を行い、帯ごとの課題の型と、自由選択の型の総合点で競い合いました。今回の試合の攻略法は、とにかく気合を入れること。そのことを伝えると、より真剣に、気持ちの入った力強い型が見られました。日替わりで1位が代わる大激戦、そして僅差の結果となりました。入賞者は以下のとおりでしたが、入賞できなかった子も含め、全員がこの試合期間でずいぶんと進歩したと思います。また、次回の挑戦が楽しみになりました。お手伝い頂いた一般部の皆さんもお疲れ様でした。

優 勝  石井 花怜 (小6)  73.0
準優勝  石井 隆成 (小4)  72.8
第3位  安達 駿斗 (小3)  72.6
第4位  伊藤 沙恵 (小4)  69.6
第5位  荒木 隆之介(小6)  56.8

                        ※点数は100点満点
 *内部試合参加者

   安藤理桜 伊藤沙恵 安達駿斗 石井花怜 石井隆成 山ア湊士 鈴木大翔 荒木隆之介
   荒木詩乃 大越芽依 宮ア結咲 今関祐史郎



このページの先頭へ

【平成30年優秀出席者】

 安達 駿斗 (小3)  3級 147回
 石井 花怜 (小6)  4級  96回
 伊藤 沙恵 (小4)  2級  95回
 石井 隆成 (小4)  5級  94回
 荒木 詩乃 (小4)  8級  87回

 ※稽古回数:全147回
      (稲毛道場92回/おゆみ野道場55回)


【稽古納め&忘年会&20周年記念パーティー】 
  平成30年12月22日<扇田小学校/鎌取>

2018年の稽古が終了しました。今年もあっという間の一年でした。毎年毎年、月日の流れを早く感じているということは、あっという間に年を取ってしまいますね。
稽古納めの「千本突き」の後、夜はこれも恒例の忘年会。多くの少年部や保護者の方にもご参加いただきました。
塵も積もれば何とかと言いますが、今年で稲毛道場開設20周年となり、皆様に感謝したいと思っていたところ、逆にお祝いまでいただいてしまいました。ありがたく道場のために活用させていただきます。
来年も更に良い稽古ができますように、皆様良い年をお迎えください。



【昇段昇級審査】 
  平成30年11月4日<真砂コミュニティセンター>

今回は、審査1か月前から「気合を入れて稽古ができない人は審査を受けられない」と繰り返し言い続けてきました。全体的には、以前よりも背筋が伸び姿勢が良くなり、稽古への集中力もついてきたかなとは感じていますが、個々には、まだまだ気合が足りないとか、基本や型や組手などできていなかったりした人もいます。まずは自分自身で振り返ってみましょう。そして、新しい帯を締めるということの意味を考えて、より一層稽古に励んでほしいと思います。

〜昇級おめでとうございます。また次の目標に向け頑張りましょう!〜

一般部  宮ア 寛夫  9級  8級
少年部  伊藤 沙恵 (小4)  3級  2級
 安達 駿斗 (小3)  4級  3級
 安藤 理桜 (中1)  6級  4級
 石井 花怜 (小6)  6級  4級
 石井 隆成 (小4)  8級  5級
 山ア 湊士 (小3)  8級  6級
 荒木 隆之介(小6) 10級  8級
 荒木 詩乃 (小4) 10級  8級
 大越 芽依 (小4)  無級  9級



【感謝】
  
平成30年10月17日

稽古後に少年部+保護者の方からサプライズで誕生日プレゼントを頂きました。本日で●1歳になりましたが、こんなお祝いは初めてのことで、とても嬉しかったです。素敵なプレゼントありがとうございました。
ますますやる気が出てきたので、11月の昇級審査に向け、びしびし鍛えます!


【平成30年度関東空手道選手権大会】
  
平成30年9月24日<松伏町B&G海洋センター>

極真手塚グループの埼玉県本部が主催する今大会に、稲毛・おゆみ野道場からは小学生4人と一般1人がエントリーしました。久しぶりに復帰した人、初めての試合の人、今回こそはという気持ちで出た人、それぞれが色々な思いを持って大会に臨んだこととと思います。残念ながら目指した結果ではなかったかもしれませんが、試合でしか得られないことを体感できたと思うので、稽古の量と質を見直し、自分に何が足りないのか、どうすればいいのか課題を持って、これからの稽古に活かしていきましょう。それが進化です!

 *出場選手
   三橋賢吾 石井花怜 伊藤沙恵 石井隆成 安達駿斗


【2018全関東空手道選手権大会】(主催:白蓮会館)
  平成30年8月19日<墨田区総合体育館>

8年ぶりに白蓮会館さんの関東大会に参加させて頂きました。小学生から一般まで、初級・中級・上級クラスに分かれた411人の選手が真剣に戦い、接戦の良い試合が数多く見られました。
そして、稲毛・おゆみ野道場からは2人が出場。駿斗君は胸元への正拳突きで、荒川さんは左ローでダメージを受けてしまい残念ながら勝つことが出来ませんでしたが、今できることは出したと思います。色々と思うことはあるかもしれませんが、大事なことは、負けた悔しさを忘れないことと、敗因を克服すること。次に向けて今からリスタートです!

(荒川さんと対戦された方も熱い気持ちを持って大会に出続けているとのことで、今後も応援しています。)

 *出場選手
   荒川昌一 安達駿斗



【再会】 
  平成30年8月16日<稲浜公民館>



久しぶりの3ショット。次世代のエースか?


【夏季合宿】
  平成30年8月3日〜4日<千葉県立手賀の丘少年自然の家>



今回の合宿は、千葉中央本部の参加希望者だけで平日出発だったこともあり、一般部5人と少年部10人(うち1人発熱により欠席)と少数ではありましたが、稽古以外にもアスレチックや花火など充実した楽しい合宿となりました。
天候には恵まれ、いや恵まれ過ぎるほどの猛暑の中での体育館やグラウンドでの稽古となり、幸い熱中症には至らなかったものの、ジュースの飲み過ぎからか食事の時間は少食症?の子たちもいました。
部屋のエアコンの効きが悪かったり、夜怖くて眠れない子がいたり、組手稽古で痛い思いをした子もいたり、いつの間にか誰の物か分からない飲みかけのペットボトルが増えていたり、腕時計や靴下など部屋に忘れ物をしそうになったり、色々なことがありました。
1泊とはいえ、その間にケガや事故など起きないか心配もありましたが、無事にみんな元気に過ごしてくれたので正直ほっとしました。今までは責任者として手塚師範がいたから、その下の黒帯は自由にさせてもらっていたのだということが改めて分かりました。
残念ながら今回参加できなかった人たちも含め、また来年一緒に合宿に行きましょう!



【第3回内部試合】 
  平成30年4月7日<おゆみ野公民館>
  平成30年4月8日<真砂コミュニティセンター>

小学生から高校生まで延べ14人が内部試合に参加し、帯ごとに指定した課題の型を行いました。内部試合は昨年スタートし、今回で3回目となりましたが、回数を重ねるにつれ上達していることがわかります。本来、型は人と比較するものではないかもしれませんが、目標を持って稽古を続けることで自分自身をより高めることができると思いますし、何よりみんな実に堂々と演武を行うことができていました。

 石井 花怜 6級 型の部   優勝
 伊藤 沙恵 3級 型の部   準優勝

 *内部試合参加者
   後藤颯太 安藤優汰 安藤理桜 伊藤沙恵 安達駿斗 石井花怜 石井隆成 鈴木大翔
   山ア湊士


【昇段昇級審査】 
  平成30年3月25日<松戸市青少年会館>

〜昇級おめでとうございます。また次の目標に向け頑張りましょう!〜

一般部  宮ア 寛夫  無級  9級
少年部  伊藤 沙恵 (小3)  4級  3級
 後藤 颯太 (中3)  6級  4級
 石井 花怜 (小5)  8級  6級
 石井 隆成 (小3)  9級  8級
 鈴木 大翔 (小4) 10級  8級
 山ア 湊士 (小2) 10級  8級
 荒木 隆之介(小5)  無級 10級
 荒木 詩乃 (小3)  無級 10級



【復帰】 
  平成30年3月17日<扇田小学校>


We are back.
休会中だった受験生(中学・高校・大学)が帰ってきました!


このページの先頭へ

【平成29年優秀出席者】

 安達 駿斗 (小2)  4級 122回
 伊藤 沙恵 (小3)  4級  87回
 石井 隆成 (小3)  9級  57回
 石井 花怜 (小5)  8級  56回
 横山 尚伸  初段  46回

 ※稽古回数:全141回
      (稲毛道場92回/おゆみ野道場49回)


【稽古納め&忘年会】 
  平成29年12月23<扇田小学校/鎌取>

2017年の稽古納め。今年も最後は全員で恒例の「千本突き」で締めくくりました。恐らく肩や腕など筋肉痛になったことでしょう。良いのです。気持ちを集中して、気合を入れて、一本一本全力で突くことが空手の原点なのだから。
忘年会で、みんなが声高らかに宣言したことが実現できるような、そんな年になるように来年も頑張りましょう!
保護者の皆様ありがとうございました。






【昇段昇級審査&第2回内部試合】 
  平成29年12月10日<真砂コミュニティセンター>

平成29年第3回昇段昇級審査と型の内部試合を真砂コミュニティセンターにて実施しました。
今回の受審者は2人と少なかったですが、稽古してきたことをしっかり出すことができ、内容的にも良かったと思います。また、型の内部試合では、今回はトーナメント方式で行い、中には難しい判定もあり、それだけ力が拮抗してきているのかなという印象を受けました。みんな前回よりも堂々としていて礼儀作法もよくできていたので、次回は更に高いレベルで競い合ってほしいと思います。

〜昇級おめでとうございます。また次の目標に向け頑張りましょう!〜

一般部  永野 修  3級  2級
少年部  安達 駿斗 (小2)  6級  4級

 安達 駿斗 6級 型の部   優勝
 石井 花怜 8級 型の部   準優勝

 *内部試合参加者
   伊藤沙恵 安達駿斗 石井花怜 石井隆成 



【合同稽古】
  平成29年9月17日<高洲コミュニティセンター>

今日は、国際総合空手道連盟 天羽塾の皆さんと合同稽古を行いました。代表である天羽師範は、元は極真空手を修行し、また伝統派の空手にも精通されていることから、フルコンタクト系の型との違いや、型試合の審判の着眼点について分かりやすく解説していただきました。最後は、伝統派の「セイエンチン」の分解組手を全員で行い、少年部にとっては難易度の高い型ですが、そのさわりの部分は理解できたのではないかと思います。
天羽師範はじめ先生方や塾生の皆様ありがとうございました。


【昇段昇級審査&第1回内部試合】 
  平成29年8月27日<真砂コミュニティセンター>

平成29年第2回昇段昇級審査と型の内部試合を真砂コミュニティセンターにて実施しました。
行徳本部長の川尻先生が、会場を間違え新松戸に行ってしまったというまさかのハプニングが起きましたが、最後には駆けつけていただき、無事に終了することができました。また、今回、行徳道場からは益富貴初段が昇段審査を受けました。型や組手など、この日参加した色帯の人たちにとっては良い勉強になったことと思います。
そして、審査の後に行った型の内部試合の方は、順当に?というか帯の上から順に入賞したので、ほっと?しました。内容的には、まだまだ足りないところもありますが、日々の稽古の中で確実に進歩はしているので、これからも一歩一歩努力を続けていきましょう!

〜昇級おめでとうございます。また次の目標に向け頑張りましょう!〜

少年部  大越 彪渡 (小4)  4級  3級
 伊藤 沙恵 (小3)  5級  4級
 石井 花怜 (小5)  9級  8級
 石井 隆成 (小3) 10級  9級
 山ア 湊士 (小2)  無級 10級

 大越 彪渡 4級 型の部   優勝
 伊藤 沙恵 5級 型の部   準優勝

 *内部試合参加者
   大越彪渡 伊藤沙恵 安達駿斗 石井花怜 石井隆成 山ア湊士


【再会】
神戸への出張の帰りに、以前一緒に稽古をした藤原さん、近藤さんとお会いすることが出来ました。

藤原修三さんは、平成19年5月から21年9月まで稲毛・おゆみ野道場に在籍し、転勤により退会した後も地元の空手団体(大成塾)で稽古を続け、今では同団体の藤原道場責任者として活躍されています。(※写真は、証拠の参段の黒帯です。) 真夏でも自宅から15kmも離れた道場に自転車で稽古に通われていたのが印象に残っており、その真面目さと粘り強さは当時から光っていました。
藤原さんは、私が稽古中に話したことをよく覚えていて頂き、今の指導に生かされていると言われたのが、とても嬉しくもあり、また改めて指導する立場としての責任も感じました。


   平成29年7月20日<神戸市>


近藤伸二さんも仕事柄転勤が多く、北は旭川市から南は北九州市まで転勤を繰り返しながらも、その地で空手を続け、平成17年5月から19年3月まで稲毛・おゆみ野道場に在籍し、55歳の時に10人組手を完遂して黒帯を取得されました。その間、東京マラソンに挑戦するなど、その体力には驚かされ、また、平成18年のおゆみ野道場開始の際には大変お世話になりました。
現在は空手の稽古は休んでいますが、お孫さんと一緒に始めようか考え中だとか。この日は奥様も来られ、家庭内のご様子など、話して良いことなのか悪いことなのか?興味深く拝聴でき、夫婦円満の秘訣がわかりました。

   平成29年7月21日<名古屋市>

今回、自分のわがままにお付き合いをさせてしまったかもしれませんが、とても楽しいひと時を過ごすことができ、ありがとうございました。どこに居ても縁は切れませんので、これからも宜しくお願いいたします。


【新松戸まつり演武会】
  平成29年7月16日<新松戸中央公園>

毎年恒例の新松戸まつりの演武会に、稲毛・おゆみ野道場から初めて参加させていただきました。6月の大会が終わってから約3週間、演武会のための稽古を重ねてきましたが、何分少年部は初めての経験なので、間違えずに型ができるかな、板が割れるかな、加えて約束組手の課題も出していたので、当日は不安もあり緊張していたのではないかと思います。でもそこはさすがに本番に強く、稽古してきたことがちゃんとできていました。少し自信もついたのではないでしょうか。この達成感を大切に、次は審査や試合に向けて頑張りましょう!
猛暑の中お越しくださいました、手塚文子代表、ご父兄・道場生の皆様お疲れ様でした。


 *参加者
   中埜学 白石欣央 菅原勝敏 大越彪渡 マートリアンルーク武蔵 伊藤沙恵 安達駿斗 石井花怜
   石井隆成 山ア湊士


【平成29年度千葉県空手道交流試合】
  
平成29年6月18日<浦安市総合体育館>

故手塚会長の追悼大会として、手塚文子代表と森義道会長代行が臨席した今大会には、空手道MAC江戸川支部・湘南支部、勇進会の各団体からもご参加いただき、元気いっぱいに熱戦が繰り広げられました。また、天羽塾の天羽師範と清水先生による約束組手の演武では、改めて武道の奥深さを垣間見ることができました。
稲毛・おゆみ野道場からは、5人が出場し、うち2人が入賞するなど皆よく頑張りましたが、きっと個々に反省点はあると思います。大会の総評では森会長代行が、「一生懸命」という言葉を再三話していたのが印象に残りました。次の稽古から、どう変わり成長していくのか楽しみです。
お手伝いしていただいた皆様お疲れ様でした。

 大越 彪渡 4級 小学4年生男子の部  準優勝
 安達 駿斗 6級 小学2年生男子の部  第3位

 *出場選手
   永野修 大越彪渡 伊藤沙恵 安達駿斗 山ア湊士


【昇段昇級審査】 
  平成29年3月19日<松戸市青少年会館>

〜昇級おめでとうございます。また次の目標に向け頑張りましょう!〜

一般部  永野 修  4級  3級
少年部  マートリアン ルーク武蔵(小4)  5級  4級
 伊藤 沙恵 (小2)  7級  5級
 安達 駿斗 (小1)  8級  6級
 石井 花怜 (小4)  無級  9級
 鈴木 大翔 (小3)  無級 10級
 石井 隆成 (小2)  無級 10級


【手塚会長追悼式】
  平成29年3月5日<セレモ南流山駅ホール>



1月5日に手塚暢会長が永眠され、2か月後の月命日であるこの日に、空手関係者を対象とした追悼式が行われました。生前親交が深かった多くの方たちや門下生が参列する中、新たに手塚グループの代表となる手塚文子代表(故会長夫人)と森義道会長代行の挨拶の後には、会長の生前の映像が約8分間流され、最後は一人ひとりが献花をし、お別れとなりました。メッセージに込められた会長の思いを忘れずに、今後も精進していくことを誓います。


【訃報のお知らせ】 
  平成29年1月14日<告別式>



新年早々、悲しいニュースをお伝えしなければなりません・・・。
去る1月5日、極真会館手塚グループ会長である手塚暢師範がご逝去されました。享年76歳でした。
私は空手を始めて、今年でちょうど30年になりますが、その内の25年を手塚道場の一員として過ごして参りました。現在の手塚グループ千葉県本部の前身は、極真会館千葉北支部であり、手塚師範は支部長として道場の運営・指導に専念してこられ、昭和49年に支部が発足してから現在に至るまで多くの人材を輩出してきました。
手塚道場の理念は、我々は一つの家族であるということ。
これからは、後を託された私たちが一致団結し、手塚師範の意志を引き継いで参ります。
心からご冥福をお祈りいたします。押忍


このページの先頭へ

【平成28年優秀出席者】

 伊藤 沙恵 (小2)  7級  69回
 安達 駿斗 (小1)  8級  63回
 丸山 毅  2級  55回
 松本 麻椰 (小4)  9級  53回
 松本 一倖 (小2)  9級  52回

 ※稽古回数:全142回 
      (稲毛道場93回/おゆみ野道場49回)


【昇段昇級審査&内部試合】 
  平成28年12月 4日<松戸市青少年会館>(昇段審査)
  平成28年12月18日<松戸市青少年会館>(昇級審査・内部試合)

〜昇段・昇級おめでとうございます。また次の目標に向け頑張りましょう!〜

一般部  白石 欣央  初段  弐段
少年部  安達 駿斗 (小1) 10級  8級

 *内部試合参加者
    マートリアン ルーク武蔵 安達駿斗


【昇段昇級審査】 
  平成28年8月28日<高洲コミュニティセンター>

〜昇級おめでとうございます。また次の目標に向け頑張りましょう!〜

少年部  大越 彪渡 (小3)  6級  4級
 安藤 優汰 (中2)  8級  6級
 安藤 理桜 (小5)  8級  6級
 伊藤 沙恵 (小2)  9級  7級
 安達 駿斗 (小1)  無級 10級



【お別れ会】
  平成28年7月31日<高洲コミュニティセンター>

約11か月間、いっしょに稽古をしてきた松本姉弟(麻椰ちゃん、一倖くん)が遠くへ引越しをすることになったため、今日が最後の稽古となりました。出席数もいちばん多く、いつも楽しく一生懸命頑張っていたのでとても残念ですが、これからも元気に! 活躍を期待しています!


【平成28年度千葉県空手道交流試合】
  
平成28年6月12日<浦安市総合体育館>

初級者から中級者を対象とした今大会は、手塚グループ千葉県本部、東京都東部本部、東京都北部本部の他、闘心會、空手道MAC、武現塾、勇進会、正拳会、心学館、聖空会の各団体から参加していただきました。前回に引き続き、天羽師範と天羽塾の皆さんによる試割や実戦を想定した型などの演武があり、また、国際総合空手道連盟の花元浄一会長にもお越しいただきました。
稲毛・おゆみ野道場からは、いつも参加している彪渡くんと初出場の3人も皆大健闘しました。それぞれが試合の中で感じたことを、これからの稽古に生かして頑張りましょう!

 永野 修 4級 壮年の部       優勝
 松本 麻椰  9級 小学3・4年生女子の部  準優勝
 大越 彪渡  6級 小学3年生男子の部  優勝
 松本 一倖  9級 小学2年生男子の部  優勝

 *出場選手
   永野修 松本麻椰 大越彪渡 松本一倖



【帰国】
  平成28年3月27日<高洲コミュニティセンター>

3か月間、いっしょに稽古をしてきた武蔵くんがドイツに返るため、今日が日本での最後の稽古となりました。ときどき日本に一時帰国するようなので、今度は黄帯を締めた武蔵くんに会えることを楽しみにしています。


【昇段昇級審査】 
  平成28年3月20日<高洲コミュニティセンター>

〜昇級おめでとうございます。また次の目標に向け頑張りましょう!〜

少年部  マートリアン ルーク武蔵(小3)  7級  6級
 松本 麻椰 (小3)  無級  9級
 松本 一倖 (小1)  無級  9級
 今井 隼斗 (年少)  無級 10級



このページの先頭へ

【平成27年優秀出席者】

 中埜 仁美 (小6)  2級  75回
 中嶋 高大 (高2)  2級  68回
 丸山 毅  2級  55回
 菅原 勝敏  3級  55回
 横山 尚伸  初段  46回

 ※稽古回数:全138回 
      (稲毛道場92回/おゆみ野道場46回)


【昇段昇級審査】 
  平成27年12月6日<真砂コミュニティセンター>

〜昇級おめでとうございます。また次の目標に向け頑張りましょう!〜

一般部  丸山 毅  3級  2級
 美座 一成  3級  2級
 中嶋 高大 (高2)  3級  2級
 菅原 勝敏  4級  3級
 永野 修  6級  4級
少年部  中埜 仁美 (小6)  3級  2級
 白石 脩真 (中2)  4級  3級
 大越 彪渡 (小2)  8級  6級
 安藤 優汰 (中1)  9級  8級
 大越 遼太 (中2)  9級  8級
 安藤 理桜 (小4) 10級  8級
 伊藤 沙恵 (小1)  無級  9級




【平成27年度関東空手道選手権大会】
  
平成27年11月23日<浦安市総合体育館>

今大会は、極真会館手塚グループ千葉県本部、埼玉県本部、東京都東部本部、東京都北部本部、福井県本部の他、天羽塾、闘心會、空手道MAC、武現塾、勇進会、正拳会、拳成館、破天荒塾、修心会館、の各団体からご参加ご協力をいただき、内容的にもレベルの高い白熱した試合が多く、とても盛り上がりました。
稲毛・おゆみ野道場からは2人が代表として出場し、よく健闘しました。悔しい思いを忘れずに更に強くなってください。また、長時間にわたりお手伝いしていただいた皆様たいへんお疲れ様でした。ありがとうございます。
 
 *出場選手
    荒川昌一 大越彪渡



【昇段昇級審査】 
  平成27年8月2日<松戸市青少年会館>

一般部  横山 尚伸  1級  初段
 丸山 毅  4級  3級
 菅原 勝敏  5級  4級
 永野 修  8級  6級
少年部  大越 彪渡 (小2)  9級  8級


◎昇段審査(横山1級)


【平成27年度千葉県空手道交流試合】
  
平成27年5月24日<浦安市総合体育館>

初級者から中級者を対象とした今大会は、手塚グループ千葉県本部、東京都東部本部、東京都西部本部の他、天羽塾、闘心會、空手道MAC、武現塾、小山道場、勇進会、心学館、龍明塾の各団体から参加いただきました。残念ながら、学校の運動会や他の空手の大会と日程が重なり、出られなかった道場もありましたが、選手は皆一生懸命で、良い試合も多かったです。
稲毛・おゆみ野道場からは2人出場する予定でしたが、壮年部が無かったため、結果1人となりました。負けて得ることはたくさんあります。次につながるよう頑張りましょう!

 *出場選手
   大越彪渡


【昇段昇級審査】 
  平成27年3月15日<浦安市総合体育館>

一般部  根津 雅彦  2級  1級
 菅原 勝敏  8級  5級
少年部  中埜 貴宏 (中2)  2級  1級
 美座 大成 (小6)  4級  3級
 白石 脩真 (中1)  6級  4級
 後藤 颯太 (小6)  8級  6級
マートリアン ルーク武蔵(小2) 10級  8級


このページの先頭へ

【平成26年優秀出席者】

 中埜 仁美 (小5)  3級  83回
 丸山 毅  4級  66回
 大越 遼太 (中1)  9級  53回
 中嶋 高大 (高1)  3級  52回
 美座 一成  3級  50回

 ※稽古回数:全138回
      (稲毛道場89回/おゆみ野道場49回)


【昇段昇級審査】 
  平成26年11月16日<松戸市青少年会館>

一般部  根津 雅彦  3級  2級
 美座 一成  4級  3級
 中嶋 高大 (高1)  4級  3級
 永野 修  無級  8級
 菅原 勝敏  無級  8級
少年部  中埜 仁美 (小5)  4級  3級
 美座 大成 (小6)  6級  4級
 安藤 優汰 (小6)  無級  9級
 大越 遼太 (中1)  無級  9級
 安藤 理桜 (小3)  無級 10級


【平成26年度全関東空手道選手権大会】
  
平成26年9月15日<浦安市総合体育館>

極真会館手塚グループの千葉県、埼玉県、東京都東部及び東京都西部の各県の他、闘心會、空手道MAC、武現塾、晴真舘、勇進会、心学館の各団体からご参加いただき、宮城県本部からは森副会長にお越しいただきました。特に今回選手の出場がないにもかかわらず、天羽塾様からは、審判員や選手係等多数のお手伝いをしていただきましたことを誠に感謝申し上げます。
稲毛・おゆみ野道場からは小中学生3人が出場し、うち1人が準優勝という結果でしたが、3人とも今出せる力は出し切ったと思います。今後どう成長していくのか楽しみです。
また、スタッフとしてご協力いただいた皆様もたいへんお疲れ様でした!

 大越 彪渡 10級 小学1年男子2年女子の部 準優勝

 *出場選手
   大越遼太 美座大成 大越彪渡



【BBQ】
  
平成26年8月24日<稲毛海浜公園>

2年ぶりの真夏のBBQ。道場生の他、ご父兄の方にも参加していただき、とても楽しいひと時を過ごすことができました。朝の稽古から参加した人、準備を手伝ってくださった人、プールのテストに合格してきた人、仕事後に駆けつけてくれた人、皆様お疲れ様でした。残念ながら今回参加できなかった方も、また次回よろしくお願いいたします。
(私は帰宅後、両腕が真っ赤になっていることに気づき、冷やしているところです。)





【夏季合宿】
  
平成26年7月12日〜13日<千葉県立水郷小見川少年自然の家>



台風8号の接近により、果たして合宿が行えるのか一時危ぶまれたところでしたが、運良く土日は天候に恵まれ、予定どおりに実施することができました。
稲毛・おゆみ野道場からは8人が参加し、うち受審者4人も無事??に合格しました。今回昇段審査を受けた後藤さんは、10人組手の2人目で右肩の亜脱臼というアクシデントに見舞われたものの、最後まで技を出し続け、よく頑張りました。また、本部道場古参の黒帯の伊藤初段が20人組手を完遂し、型審査では力強く気合の入った「観空」を行いました。


【昇段昇級審査】
  平成26年7月12日〜13日<千葉県立水郷小見川少年自然の家>

一般部  後藤 隆志  1級  初段
 横山 尚伸  2級  1級
少年部  中埜 仁美 (小5)  5級  4級
 大越 彪渡 (小1)  無級  9級


◎昇段審査(後藤1級)

◎20人組手(伊藤初段)


【平成26年度春季空手道交流試合】
  
平成26年5月25日<浦安市総合体育館>

極真会館手塚グループ千葉県本部主催の今大会に、東京都東部本部、東京都西部本部、天羽塾、闘心會、武現塾、晴真舘、小山道場、白蓮会館、勇進会の各道場から集結していただき、各クラスとも熱戦が繰り広げられました。
大会が小学校の運動会の翌日ということで、稲毛・おゆみ野道場からの参加者は1人だけでしたが、結果は初出場で初優勝とよく頑張りました!

 大越 彪渡 無級 小学1年生男子の部 優勝


【昇段昇級審査】
  平成26年3月16日<新松戸本部道場>

一般部  丸山 毅  6級  4級
 美座 一成  6級  4級
少年部  美座 大成 (小5)  8級  6級
 白石 脩真 (小6)  8級  6級


このページの先頭へ

【平成25年優秀出席者】

 中埜 仁美 (小4)  5級  80回
 中埜 貴宏 (中1)  2級  59回
 丸山 毅  6級  51回
 荒川 昌一  初段  46回
 中嶋 高大 (中3)  4級  43回

 ※稽古回数:全129回
      (稲毛道場83回/おゆみ野道場46回)


【昇段昇級審査】
  平成25年12月8日<新松戸本部道場>

一般部  荒川 昌一  1級  初段
 後藤 隆志  2級  1級
少年部  中埜 仁美 (小4)  7級  5級


◎昇段審査(荒川1級)


【平成25年度首都圏交流試合】
 
平成25年11月4日<松伏町B&G海洋センター>

恒例の埼玉県本部主催の交流試合で、型と組手の試合が行われました。他団体からは、組手の試合で小山道場と晴真舘の選手が参加し、天羽先生(天羽塾)には審判のご協力をいただきました。
型の試合については、基準や進行などに課題が残りましたが、選手として参加した人たちはよく頑張り、甲乙つけがたい内容の試合も多かったです。
稲毛・おゆみ野道場からの参加者は型試合1人だけでしたので、今後、全体的なレベルアップを図りたいと思います。

◆型試合

 中埜 仁美 7級 小学4〜6年黄帯以下の部 優勝


【平成25年度全日本空手道選手権大会】 
 
平成25年9月15日<浦安市総合体育館>

台風18号が接近し天候が危ぶまれる中、無事大会を開催することができました。開会式では、各県本部長と日頃大会に多大なご協力いただいている他団体(天羽塾、空手道MAC、晴真舘、勇進会、青龍会、野地道場)の先生方をご紹介いたしました。今回は、各地で行われている大会との日程調整などから、当初の見込みよりも大会参加者数が下回ってしまったこと、試合場のマットが滑りやすく、動きづらくなってしまった選手もいたことなど、改善すべき課題もありました。
決勝戦前に行った演武では、千葉県本部の少年部による平安U・撃砕小の型の演武と、與川埼玉県本部長による四方割がきれいに成功しました。演武だけに参加した少年部も、緊張感を持ちながらいい経験になったと思います。
稲毛・おゆみ野道場からは試合に2人、演武に3人が参加しました。試合結果の方は、白石さんが見事に優勝!少年部の美座君も入賞まであともう一歩というところで第4位と健闘しました。
お手伝いに来ていただいた皆さん、お疲れ様でした。

 白石 欣央 初段 壮年の部       優勝
 美座 大成 8級 小学5年生男子の部  第4位

 *出場選手
   白石欣央 美座大成
 *型演武参加者
   美座大成 白石脩真 中埜仁美




【千葉県本部内部試合】
  
平成25年7月28日<新松戸本部道場>

少年部を対象とした型の内部試合をトーナメント形式で行いました。今回優勝、準優勝共に八柱道場の子どもたちで実戦で使えるような素晴らしい型でした。
稲毛・おゆみ野道場からは4人が参加し、うち2人が3位がという結果でしたが、新松戸道場の子も含め全員が、この内部試合のために稽古したことは十分にできたのでははないかと思います。
次回はもっと多くの少年部に参加してもらい、大会などで演武ができるようなレベルに引き上げることが当面の目標です。

 *出場選手
   中嶋高大 横山寛朗 中埜貴宏 中埜仁美



【夏季合宿】
  
平成25年7月20日〜21日<千葉県立水郷小見川少年自然の家>



この時期にしてはそれほど気温も上がらず、日中の体育館もいつものような蒸し風呂状態ではなかったので、みんな体調を崩すことなく2日間過ごすことができました。また、珍しく?、廊下を走り回ったり、消灯時間を過ぎても騒いだりして注意される子もいませんでした。
昇段審査は、稲毛・おゆみ野道場の白石さん、東京都西部本部の山根君、新松戸道場少年部の三上君の3人が受審し、無事に10人組手をやり遂げることができました。特に白石さんは、とても落ち着いて安定していたという印象を受けました。今年は、中学校の部活の総体や仕事の関係で合宿に参加できない人が多かったので、来年はまたいっぱい集まってほしいと思います。


【昇段昇級審査】
  平成25年7月20日<千葉県立水郷小見川少年自然の家>

一般部  白石 欣央  1級  初段


◎昇段審査(白石1級)


【平成25年度春季空手道交流試合】
  平成25年5月12日<浦安市総合体育館>

今大会も極真会館手塚グループ千葉県本部、同横浜支部の外、他団体(天羽塾、闘心会、空手道MAC,晴真舘、小山道場、勇進会、青龍会、正拳会、心学館)の皆様のご協力により無事大会を開催することができました。
今回、稲毛・おゆみ野道場からの出場者はいませんでした。組手だけでなく型も含め、次回秋の大会に向け頑張りたいと思います。お手伝いいただいた皆さん、お疲れ様でした。

 *出場選手
   なし


【昇段昇級審査】
  平成25年3月10日<新松戸本部道場>

少年部  中埜 貴宏 (小6)  3級  2級
 篠田 一輝 (小5)  6級  4級
 中嶋 高大 (中2)  6級  4級
 上杉 明勢 (小6)  9級  7級


【合同稽古】
  平成25年2月11日<新松戸本部道場>

本部道場に各道場責任者等の黒帯が一堂に会し、合同稽古を行いました。手塚師範の挨拶の後、埼玉県本部長の與川師範が中心となり、準備運動から基本稽古まで見直しを行い、基本稽古では手技を各50本、足技は移動稽古を交えながら行いました。その後、ミット稽古や皆で意見を出し合いながら型の統一を図り、気が付くと時間は3時間を超えていましたが、今まで知らなかった事を吸収することもでき、とても楽しい時間を過ごすことができました。型については、今回は「平安」と「突きの型」を統一したので、また次回から順次見直していく予定です。


【新年会&稲毛道場15周年記念パーティー】
  平成25年1月27日<稲毛海岸>

稲毛道場も開設から早15年が経ちました。新年会前には稽古を行い、手塚師範や行徳道場からは中村先生も来ていただきとても充実した稽古ができました。これからも良い稽古ができるよう努力し、次は20周年に向け日々積み重ねていきたいと思います。稽古に来てくれる全員が黒帯を締められるまで頑張ります!


このページの先頭へ